多くの人がいればLGBTが登場するのは当たり前

LGBTの問題は、日本国内だけでなく世界規模で対応しなければいけない問題となっています。島国の日本と異なり世界では、いろんな環境で生活している人がいます。日本でも、地域や環境により生活が異なっており、それぞれ独自の考え方を持っている人たちも多くいます。

同じ時間を勉強や生活に費やすことが当たり前の学校生活でも、いろんな考え方を持った人たちが集まっています。そしてその人たちと話し合うことで、みんな考え方が違うということを学ぶ必要があります。同じ時間生活すると、考え方も同じとは限らないのです。  

いろんな人達が集まり、異なる考え方を持っている人たちが生活していく中で、LGBTに該当する人が存在するのは当たり前です。自分と同じ考えでないだけで、差別しないようにしなければいけません。いろんな考え方を持っている人たちがいることを認識していれば、LGBTに該当する人たちに対しても、差別なく接することができるものです。

今後、LGBTの人たちと生活環境を同じようにしていく場合には、人は全く同じ考え方をしていないと理解して対応することができれば、トラブルなく生活することができます。そのためには、お互い理解し合える時間が必要となるでしょう。

PAGETOP